人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日頃の体験のメモです。


by sound-pit
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

エクスクルーシブ P3 チェック。

回転がおかしくなるという症状でお預かりした
エクスクルーシブのP3。

こちらでは症状が確認できなかったので
とりあえずお持ち帰りいただく事にしました。

闇雲に修理してもどこかに傷をつけたり
苦労したのに結局直っていなかった
という事になりかねないので
今回はそのままお返しすることに・・・。

しかし、
ただお返ししるだけではなく
お返しする前に確認の意味で
アームなどの点検をしてみました。




エクスクルーシブ P3 チェック。_b0262449_09274328.jpg
■針圧調整ダイヤル。
まずここをゼロにします。

このP3は
ダイナミックバランスアームです。




エクスクルーシブ P3 チェック。_b0262449_09275585.jpg
エクスクルーシブ P3 チェック。_b0262449_09274972.jpg
■メインウエイトを前後スライドさせて
ゼロバランスを取ります。

針先が当たっていないのを確認。







エクスクルーシブ P3 チェック。_b0262449_09280475.jpg
エクスクルーシブ P3 チェック。_b0262449_09282311.jpg
■針圧調整をしてみる。

ダイヤル目盛りと実際の針圧は
ほぼ一致していました。






エクスクルーシブ P3 チェック。_b0262449_09284076.jpg
■アンチスケーティング調整ダイヤル。

とりあえずはゼロにしておいて
レコードを聴く直前に調整すれば良いです。





エクスクルーシブ P3 チェック。_b0262449_09284720.jpg
■トーンアーム上部のダイヤルは
オイルダンプの調整。

このオイルダンプ機能は
どのメーカーのアームにも付いている
と言う訳ではないので
初めて見る方もいらっしゃると思います。

このオイルダンプも
人によっては無い方が良い
と言う意見も有りますが
今回はとりあえず1の位置で
調整を進めてみます。





エクスクルーシブ P3 チェック。_b0262449_09285278.jpg
■カートリッジの角度をチェック。

下(ターンテーブル上)に
化粧用でも良いので小さな鏡を置いて
その映り込みを見てみます。

この映り込みが直線であれば
カートリッジは垂直に取り付いている
という事になります。

どちらかに傾いていると
『〈 』 あるいは 『 〉』
と言う様に映り込みますので
分かります。






エクスクルーシブ P3 チェック。_b0262449_09290068.jpg
エクスクルーシブ P3 チェック。_b0262449_09290689.jpg
■外周、内周、
でのトラッキングエラーをチェック。

どちらでもトラッキングエラーが
最小になっています。


ここで分かる事は、
このプレイヤーはアームの設計も
SMEの考え方に準じているのではないか
と思います。

2か所でトラッキングエラーが最小になる
と言う考え方でトーンアームの長さも
オフセット角も決めていると考えられます。




エクスクルーシブ P3 チェック。_b0262449_09291521.jpg
■カートリッジの
取り付け位置が決まりましたので
ここでしっかりと固定します。

アームと言うか
シェルに対して平行に取り付いているか
再度確認。





エクスクルーシブ P3 チェック。_b0262449_09292115.jpg
エクスクルーシブ P3 チェック。_b0262449_09292693.jpg
■回転の確認。

33回転で正確に回っています。





エクスクルーシブ P3 チェック。_b0262449_09293320.jpg
エクスクルーシブ P3 チェック。_b0262449_09303095.jpg
エクスクルーシブ P3 チェック。_b0262449_09303587.jpg
エクスクルーシブ P3 チェック。_b0262449_09304647.jpg
■レコード面に対してトーンアームが
ほぼ平行になっているかどうかチェック。

チェックはレーザー水準器を使っていますが
もちろんプレイヤー本体そのものが
水平に設置されている事が前提になります。



■トーンアームの平行について。

諸説ありますが平行にしておけば
調整が大外れになる事は無い、
という事なんだと思います。

適正針圧で
トーンアームを平行にセットすれば
針先がレコードに接する角度も
ほぼ設計通りになるという事です。

あとは音を聴きながら微調整すれば良い
と僕は考えています。



■以上、
プレイヤーをお客様にお渡しする前の
チェックは完了です。








by sound-pit | 2021-09-19 12:33 | 喫茶部 日々の動き